あなたが惹かれた男性はどっちのタイプ? 男性心理をくすぐるモテ女子とは?

恋愛

どんな女性が男心をくすぐるのか?

今回は心理学に裏打ちされた、基本として押さえておくべき2つパターンの男性において「どんなタイプの女性に男心が動かされるのか」と言うお話です。

そしてこの2つのパターンとは複雑な話ではありません。

「自分に自信のある男性」と「自分に自信のない男性」の2パターンの男性が好む女性のタイプです。

あなたの意中の男性はどっちのタイプでしょうか?

そして、自分に自信のある男性や自信のない男性が、それぞれ女性に求めるものは何なのか?

パターン別に恋愛に引き込むアプローチの仕方をご紹介します。

 

傷の舐め合いではない、的確なアプローチを!

女性同士の恋愛相談を聞いていると「◯◯ちゃんは性格がいいから大丈夫だよ」といったよくわからない励まし?  アドバイス? が出てきます。

また、一般的な恋愛論でも気立ての良さや性格の良さが重要という話が語られがちです。

しかし、心理学的に見ると「性格がいいとモテる」はウソです。

大事なのは、性格の良し悪しではなく、出会った相手に対してどれくらい合わせられるか。

そもそも「性格がいい」とは何を基準に判断するのでしょうか?

多くの人は、自分にとって都合がいい人を「性格がいい」と評します。

でもそれは恋愛において「どうでもいい人」というくくりでもあります。

重要なのは、性格よりも相手の興味や社会性に対してどれぐらい合わせられるか。

つまり基本的に押さえておくべき、2つの男性タイプに合わせた演出力こそがモテへの近道なのです。

 

自分に自信のある男性・自信のない男性。それぞれが出会いに求めるポイントは?

最初に「自分に自信がある男性」は、外では気丈なのに2人きりになったら、自分にだけ弱みを見せてくれる女性に好意を持つ傾向があります。

社会的に成功していて、経済的にも満たされている男性は基本的に周囲からチヤホヤされ、イエスマンに囲まれています。

だからこそ、気が強くしっかりと自分の意見をぶつけてくる女性に出会うと興味を持ちやすいのです。

ただし、強さのアピールだけでは惹かれるには発展しません。

そんな気丈なタイプの女性が、自分の前では弱みを見せてくれることで、自信家の男性は自尊心や承認欲求を満たされ、男心を動かされていくのです。

一方で「自分に自信のない男性」は、姉御肌でしっかりしている女性を好む傾向があります。

このタイプの男性は内向的でおっとりしている人が多い。

だからこそ、自分とは逆の行動力のある相手に惹かれるのです。

自分の悩みについて話を聞いてくれて、時には背中を叩き、ここぞというところで支えてくれる女性に男心を動かされます。

 

それぞれのタイプの男性を恋愛モードに引き込むアプローチ

自分に自信のある男性を落としたい、好意をもらいたい、男心をくすぐりたい、というときは自分の考えをはっきり言葉にする芯の強さを見せることです。

その後、お互いの距離が近づき始めたら、自分の弱い部分をアピールする。

これで自信満々の男性は本能をくすぐられ、あなたに好意を持ち始めます。

一方、おっとりしていて、一緒にいるとやすらぐタイプの男性を振り向かせたいときは、しっかりした女性として接していきましょう。

デートのプランも会話もあなたがリードし、安心感を与える。

億劫かもしれませんが、彼氏になってからじっくりと育てるようなイメージでアプローチがベストです。

 

実はどんな男も「外見的な美しさ」と「家庭的」に弱い

こうした性格別のアプローチ方法とは別に、自信がある男性にも、自信がない男性にも共通して刺さる女性の特徴があります。

それは「外見的な美しさ」と「家庭的であること」です。

身も蓋もない話かもしれませんが、心理学の研究では男性の41%が外見重視であることがわかっています。

また、女性に比べて男性はパートナーに対して知的レベルの高さは求めていないこともわかっています。

女性からすると腑に落ちないところもあると思いますが、「モテ」という視点から見るなら、割り切って外見的な魅力を磨き、家庭的な能力を身につけた人が優位に立てることは間違いありません。

 

生まれつきのイケジョに対抗するには、男性の心理に刺さる演出とアピール!

誰もが振り向くような美女になることは難しくても、メイクやヘアスタイルを工夫すること、定期的なエクササイズでボディラインを整えることで女性らしい魅力を高めることもできます。

そして、料理の腕を磨くことは、いつの時代もライバルを置き去りにする強い武器になります。

味覚と胃袋を押さえられた男性は、確実に心も動かされていきます。

こうした努力によって、生まれつきのイケジョを超えることができます。

なぜなら、生まれつきのイケジョ、生まれつきのイケメンは競い合って勝ち抜くという経験をしてきておらず、言い方を変えれば、相手に合わせて自分の見せ方を変えるような努力を積み重ねていないわけです。

人は事実よりも、自分の見たいもの、聞きたいものを大切にします。

自信のある男性は、自分だけに弱みを見せてくれる女性を求め、自信のない男性は支えてくれる姉御肌の女性に惹かれます。

こうしたパターンを知った上で、自分の見せ方を考え、しぐさや態度を変え、相手とうまくコミュニケーションをしていけば、素敵な出会いを見つけたときに自分の魅力を強くアピールすることができるのです。