男性が魔性の女を感じる7つの特徴

恋愛

実際、筆者の女性友達からもよく相談を受ける内容で、男性を虜にしてしまう魔性の女に憧れる女性は多いですよね。

そこで今回は、魅力的な魔性の女の持つ7つの特徴をご紹介します。

 

そもそも魔性の女って?

が、『そもそも魔性の女って何なの?』と、当然の疑問に行き着くと思います。

では、あなたは「魔性の女」と聞いて、どんな女性を思い浮かべますか?

  • 男性を無意識のうちにメロメロしてしまう
  • 知らず知らずのうちに男性をまどわせ、振り回す
  • 魅了された男性同士が衝突し、「私のために争わないで状態」を引き起こす

…といったように、男心を惹きつけてやまない魔性っぽさを持った女性たちがいます。

例えば、芸能リポーターが選んだ芸能界の魔性の女ランキングでは、高岡早紀さん蒼井優さんらの名前が見られます。

正統派な美人というよりも、独特の雰囲気と艶やかさをまとった人たちです。

これには、心理学的に見て7つの特徴があります。

モテることを考えたとき、彼女たちの持つ魅力を学んで損になることはありません。

あなたの持っている魅力に“魔性の女力”を向上させる参考にしてみてください。

 

特徴① 雰囲気美人

「私は美人じゃないから、魔性の女の魔性を学ぶなんて言っても……」と気後れしているなら、安心してください。

先ほどの例えでも書いた様に、魔性の女であることに誰もが振り返る美人である必要はありません。

重要なのは、特定のコミュニティ、特定の誰かに謎めいた魅力のある女性と認められることです。

そのためには男性の好む「スパースネス性」を備えた、雰囲気美人を目指しましょう。

スパースネス性とは、情報の少なさのこと。

パリ大学の研究で男性はメイクの濃い美人よりも、「ナチュラルメイクのシンプルで薄い顔=スパースネス性の高い顔立ち」を好むことがわかっています。

魔性の女になる方法

◆ フルメイクの30〜40%に抑えてナチュラルメイクにする
◆ 上唇と下唇の厚みが1:2になるようにする
◆ 肌のコンディションに気をかける

 

特徴② 気まぐれ

魔性の女は、猫のように気まぐれです。

気が向いたときしか振り向かず、でも、相手が弱っていたらそっと言葉をかけてくれます。

このランダム性に男性は特別感を抱き、虜になってしまうのです。

基本的にわたしたちは誰かに好かれたいと思うと、相手に尽くす「いい人」になろうとします。

ところが、人間は非常に順応性が高く、尽くしてもらえる環境にもすぐに慣れてしまいます。

すると、いい人はいつもいて当たり前の人になってしまうのです。

<例…>

「毎日、お弁当を作ってくれるような彼女がいたら幸せだな」と思っていた男性に、毎日お弁当を作ってくれる彼女ができたら……。男性は、最初のうちは感激し、彼女に感謝するでしょう。

しかし、次第に慣れていき感動も薄れて、「今日は作ってないの?」などと言い出します。

相手が状況に慣れてしまわないためには、「たまにやってあげる」くらいのがベスト

ランダム性で尽くされることに相手を慣れさせず、「いつもやってもらえるわけではない特別感」という心地よいスリルを与え、虜にさせるのです

魔性の女になる方法

◆ 「好かれるためには尽くさなきゃ」という考えはやめる
◆ いつでもなく「たまに」尽くす
◆ 相手が弱っているとき、寄り添ってあげる

 

特徴③ やってあげたいと思わせる

魔性の女は、相手に何かをしてもらいたいとき、「やってください」「お願いがあるの」とは言いません。

しかし、願いは叶えていきます。

魔性の女は、周囲の男性に「この人のためにやってあげたい」「この人にためにやると気分がいい」と思わせるのが上手なのです。

なぜ、こんな状況が生じるかと言うと、わたしたちに備わっている「一貫性の原理」という性質と深く関係しています。

一貫性の原理とは、「自分で決めたことは守りたい」と考える心理のこと。

男女の関係でいうと、男性は自ら言い出した約束に関しては「果たしてあげたい」と願うようになり、実行できたとき満足感を得るのです。

<例…>

「あんまり人に言ったことはないんだけど、好きな人と一緒にエッフェル塔に行くのが子供の頃からの夢なの」と男性に打ち明けたら…

話を聞いた男性は、自分を「好きな人」に当てはめ、彼女と一緒にパリへ行く夢を抱くようになる。

→結果、「実行してあげたい!」とその気になっていく。

「あんまり言ったことないんだけど」「あなただけに告白するね」など、「あなただけは特別」といった意味に聞こえるキラーワードを使うとより効果が期待できます。

魔性の女になる方法

◆ 「お願い」はしない
◆ やってみたいことをうれしいこととして伝える
二人で実行しているビジョンを想像させる

 

特徴④ 「俺が助けてあげたい」と思わせる

「誰かを助けてあげた、誰かの役に立った」という感覚は、自己有用感を満たしてくれます。

自己有用感とは?
自己有用感とは、自分の属する集団の中で、自分がどれだけ大切な存在であるかということを自身で認識すること。
自分の存在が誰かの役に立っている、貢献していると認識できたときにこの感覚を得ることができる。

助けた相手、役立った相手が好きな女性なら、その感覚はより深まります。

魔性の女は、そんな心の動きを知ってか、知らずか、周りの男性が手を差し伸べ、行動を起こしたくなる「隙」を見せてあげます。

「方向音痴なんです」と言って、ちょっとした道案内を頼んだり、「急いでいて上着を忘れちゃって」とジャケットを借りたり…。

小さな隙を見せることで、周りにいる男性に「助けてあげたいな、何かしてあげたい」と思わせるのです。

持って生まれたすばらしい容姿があり、隙のない所作のできる美人に、意外と恋人がいないのは完璧過ぎるから。

隙のない美人は周囲にいる人たちに「自分は必要ない」「自分なんか…」と思わせてしまうのです。

魔性の女になる方法

◆ 強がらずに弱いところや隙を見せる
◆ 小さなこと、気軽にできることで男性に頼る
「ありがとう」という感謝の言葉を忘れない

 

特徴⑤ 「自分の前だけでは」というギャップ

  •  普段、クールに見せている女性が、自分の大しておもしろくもない冗談で笑顔を見せてくれる
  •  周りから謎めいた女性と評判の女性が、自分にだけ打ち明け話をしてくれて、瞳を潤ませている
  •  仕事をバリバリとこなす先輩が、ふと見せた弱った笑顔

たったこれだけで、多くの男性は気持ちが動いてしまいます。

これは「コントラスト効果」が働き、予想できなかったという意外性や特別感が増すためです。

コントラスト効果とは?
コントラスト効果とは、最初に与えられた情報と次に与えられた情報が反対の性質であればあるほど、その差が実際以上に大きく感じられるという効果のこと。

<例…>

不良少年が電車でお年寄りに席をゆずる姿を見ると、いい人に見えてしまう

つまり、ギャップを見せれば、大抵の男性はコロリと落ちてしまうわけです。

魔性の女になる方法

◆ クールなキャラ、言葉少なで謎めいたキャラなど、意図的にギャップを作る
◆ モテたい、落としたい相手に対して、素直な一面を見せる

 

⑥ ミステリアスさ

男性は、自分のことを多くは語らない女性に対し、「何を考えているのか気になる!」と興味を持ちます。

例えば、

  1. 「前の彼氏は……」と過去の恋愛歴をあけっぴろげに話してしまう女性
  2. 「恋の話はしないことにしているの」と言う女性

どちらの女性のことをもっと知りたいと思うかと言えば、後者である2の女性です。

魔性の女は、「不思議な雰囲気がありますよね」と言われても「不思議な雰囲気ってなんだろうね?」と質問で返すなど、すべてを語らず、男性の興味をかき立てるのです。

魔性の女になる方法

◆ 自分の恋愛歴など、過去のことを多く語らない
◆ グループで集まったときは先に帰り、二次会には参加しない
逆質問で想像力を膨らませる

 

特徴⑦ 「俺のこと好きなの?」と思わせる

モテに欠かせないのが、女性側から男性側へのわかりやすい好意のアピールです。

簡単に言えば、「この人、俺のこと好きかも……」というサインを出してあげることが大切。

では、どんな言動が「わかりやすいサイン」になるのでしょうか。難しい考える必要はありません。

世の中の男性が察知できる「この人、俺のこと好きなのかな?」という女性からのサインはわかりやすいものばかりです。

  • 笑顔とともに、見つめる
  • 二人きりで会話をしているとき、上目遣いで相手を見る
  • 軽いボディタッチをする

…といったことを心がけましょう。

 

 

と言う事で、今回は男性が魔性の女を感じる7つの特徴を紹介しました。

あざといと感じる部分もあったと思いますが、いくつか真似をするだけでモテ度は確実に上昇します。

気になる男性を振り向かせる武器として、あなたなりに上手に使っていきましょう。